八千代工業陸上部
  • チームプロフィール
  • 選手・スタッフ紹介
  • 大会スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー

トピックス

  • 2014年10月13日
    第62回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 大会結果

    10月10日~12日の3日間に渡り山口県で開催されました同大会に、マカショウ選手、藤原選手の2名が出場しました。
    5000mタイムレース1組に出場したマカショウ選手は1600m過ぎに飛び出すとそのまま1位でゴールし、総合3位に入賞しました。
    円盤投げに出場した藤原選手は、思うような投てきが出来ず9位と決勝進出を逃しました。
    この大会を糧に、更に競技力を磨いていきたいと思います。
    ご声援ありがとうございました。

    ■5000m総合結果
    1位 ポール・タヌイ(九電工) 13分22秒51
    2位 ベナート・キマニ(ヤクルト) 13分24秒65
    3位 カッサ・マカショウ(八千代工業) 13分26秒07(自己新記録)
    4位 デビッド・ジュグナ(ヤクルト) 13分28秒70
    5位 マチャリア・ディラング(愛知製鋼) 13分31秒55
    6位 パトリック・ムワカ(愛三工業) 13分35秒91
    7位 チャールズ・ディランゴ(JFEスチール) 13分45秒52
    8位 鎧坂 哲哉(旭化成) 13分47秒15
    試合結果詳細:第62回 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

  • 2014年10月1日
    土田 和歌子選手と契約

    ヤチヨは、障がい者スポーツの発展と当社内におけるカーボン技術の構築を目指して、
    「1秒でも速く」、「風をきって走る喜び」を多くの競技者の方々と共有したいという理念のもと、
    ホンダR&D太陽株式会社と株式会社本田技術研究所の協力により、
    ものづくりの会社ならではの高い技術力を駆使した、高品質でより進化したカーボンレーサーの
    共同研究および製造、販売に取り組んでいます。
     パラリンピックで金メダルを獲得できる車いすレーサーの進化を目指し、
    車いすアスリートの土田和歌子選手と、2014年10月より雇用契約を締結しました。
    選手紹介:土田和歌子

  • 2014年8月8日
    第67回 十和田八幡平駅伝 大会結果

    8月7日(木)に秋田県にて開催されました、第67回十和田八幡平駅伝にて北澤選手が1区4位(先頭と15秒差)とまずまずの流れを作り、2区のカッサ選手が区間2位の好走で一時は先頭に立ちましたが、マレル選手(Honda)に追いつかれ離されてしまいました。3区の甲斐選手は他チームのケニア人選手追いつかれ5位に後退するも、粘りの走りで4区の福田選手へタスキをつなぎました。4区を任せられた福田選手は持ち前の攻めの走りで、3位グループを形成し前のチームを追うも区間6位と思うような走りができず、最終区間へ望みを託しました。
    最終区、平井選手は、前を走る4チームの背中を見据え懸命に前を追い、ヤクルトBを抜き順位を上げ4位でフィニッシュしました。
    このレースの経験を糧にチームは、更なる強化をして行きたいと思います。
    ご声援をありがとうございました。

    ■総合結果■
    1位 Honda 3:45:10
    2位 ヤクルトA 3:46:38
    3位 小森コーポレーション 3:46:54
    4位 八千代工業 3:47:33
    5位 ヤクルトB 3:48:26
    6位 JR東日本 3:49:12
    7位 国士舘大学A 3:52:55
    8位 重川材木店 3:53:03
    試合結果詳細:第67回 十和田八幡平駅伝

最新情報

お問い合わせについて

選手への応援メッセージお待ちしています!