八千代工業陸上部
  • チームプロフィール
  • 選手・スタッフ紹介
  • 大会スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー

トピックス

  • 2016年11月27日
    八王子ロングディスタンス 大会結果

    26日(土)に法政大学多摩キャンパス陸上競技場にて開催されました同大会に、5選手が参加し2選手が自己記録を更新しました。
    B組に出場した猪浦選手は日本人1位(B組4位)の力走で従来の自己記録を4秒更新、自身が持つヤチヨ記録も更新しました。
    また、E組に出場した千葉選手は自己記録を18秒更新しました。
    選手たちへの熱いご声援をありがとうございました。

    ■A組
    7位 カッサ・マカショウ 27分43秒55
    ■B組
    4位 猪浦 舜 28分10秒62 【ヤチヨ新記録】自己新※4秒更新
    ■D組
    22位 北澤 健太 29分58秒62
    ■E組
    7位 千葉 一慶 28分48秒73 自己新※18秒更新
    24位 山田 稜 29分30秒99

  • 2016年11月4日
    第57回東日本実業団対抗駅伝 大会結果

    11月3日(木)に埼玉県庁~熊谷陸上競技場までの77.5km(全7区間)にて開催されました、第57回東日本実業団対抗駅伝にて総合9位に入り
    7年連続12回目のニューイヤー駅伝出場権を獲得しました。
    1区の甲斐選手が先頭と20秒差の10位と流れを作り、2区の猪浦選手がチーム初となる区間賞の走りで先頭と4秒差の3位へと順位を押し上げました。3区の柳原選手は外国人選手たちに猛追されるものの、粘りの走りを見せ9位でタスキを繋ぎました。
    その後4区の北澤選手、5区のアビヨ選手の区間新記録の走り、6区の山田選手の力走で流れを切らすことなく、7区の千葉選手へタスキを繋ぎました。
    強風の中、懸命な走りをした千葉選手は、過去最高順位の9位でフィニッシュしました。
    このレースの経験を糧にチームは、更なる強化をし2017年の元日を迎えたいと思います。
    ご声援をありがとうございました。

    ■総合結果■
    1位 日清食品グループ 3:47:45
    2位 カネボウ 3:48:34
    3位 DeNA 3:49:07
    4位 ヤクルト 3:49:24
    5位 Honda 3:49:32
    6位 日立物流 3:49:38
    7位 コニカミノルタ 3:49:42
    8位 富士通 3:50:07
    9位 八千代工業 3:52:14
    10位 SUBARU 3:52:58
    11位 プレス工業 3:53:13
    12位 JR東日本 3:53:52
    13位 小森コーポレーション 3:54:49
    14位 NDソフト 3:55:54
    以上14チームが、ニューイヤー駅伝出場権獲得
    (全26チーム参加)

  • 2016年7月12日
    ホクレンディスタンス 第3戦網走大会結果

    7月11日(月)に、北海道網走市にて開催された「ホクレンディスタンスチャレンジ 第3戦網走大会」にて、10000mB組に出走した猪浦選手が28分14秒20の1位でゴールし「自己記録・ヤチヨ記録」を更新しました。
    また、10000mA組では、アビヨット選手が27分45秒04で1位(自己新)と快走し、5000mA組では、甲斐選手が13分47秒82と「自己記録・ヤチヨ記録」を更新、柳原選手も13分48秒64でセカンドべストと好走しました。
    引き続き、ヤチヨ陸上部へのご声援をお願い致します。

    試合結果詳細:HD第3戦網走大会

最新情報

お問い合わせについて

選手への応援メッセージお待ちしています!