八千代工業陸上部
  • チームプロフィール
  • 選手・スタッフ紹介
  • 大会スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー

トピックス

  • 2017年2月13日
    第45回 全日本実業団ハーフマラソン 大会結果

    2月12日(日)に山口県山口市にて開催されました同大会に2選手が参戦しました。初ハーフマラソンのアビヨット選手は3km過ぎに飛び出すと、そのまま一度も他選手を寄せ付けない圧巻の走りで「実業団ハーフマラソン日本一」に輝きました。また、招待選手として出場した猪浦選手も安定感のある走りで「ヤチヨ記録・自己記録」を31秒更新し、6位入賞と快走しました。
    当日は、沿道、TVでの熱いご声援ありがとうございました。

    ■総合順位
    1位 A・アビネット(八千代工業) 1時間01分20秒
    2位 M・ディラング(愛知製鋼) 1時間01分46秒
    3位 C・ディランゴ(JFEスチール) 1時間01分52秒
    4位 藤本 拓(トヨタ自動車) 1時間01分53秒
    5位 山中 秀仁(Honda) 1時間02分00秒
    6位 猪浦 舜(八千代工業) 1時間02分01秒
    7位 D・キトニー(カネボウ) 1時間02分05秒
    8位 横手 健(富士通) 1時間02分15秒
    9位 高橋 尚弥(安川電機) 1時間02分31秒
    10位 馬場 圭太(Honda) 1時間02分31秒

    試合結果詳細:第45回 全日本実業団ハーフマラソン

  • 2017年1月6日
    ニューイヤー駅伝2017 大会結果

    2017年1月1日(日)に群馬県庁発着の100km(7区間)にて開催されました「ニューイヤー駅伝 2017」におきまして23位でゴールしました。1区を任された甲斐選手は、5km過ぎに先頭集団から遅れ始め、35位でマカショウ選手へタスキをつなぎました。マカショウ選手は前を走る選手を追って4人を抜き去り、千葉選手へ良い流れを作りました。千葉選手は「冷静な走り」で5人を抜き、その勢いを受け猪浦選手が8人を抜き去り18位まで順位を押し上げました。5区の村山選手、6区の山田選手は粘りの走りで22位をキープし、アンカーの北澤選手へ望みを託しました。北澤選手は前半から「攻めの走り」で、18位グループを形成し2年連続の10位台を目指しましたが1歩及ばず、順位を落としてしまい23位でゴールしました。当日は、沿道、TVでの熱いご声援ありがとうございました。

    ■総合順位
    1位 旭化成 4:49′55
    2位 トヨタ自動車 4:51′02
    3位 トヨタ自動車九州 4:52′18
    4位 MHPS 4:52′23
    5位 コニカミノルタ 4:52′26
    6位 富士通 4:52′50
    7位 DeNA 4:53′27
    8位 日清食品グループ 4:53′52

    23位 八千代工業 4:58′43

    試合結果詳細:ニューイヤー駅伝2017
    フォトギャラリー:

  • 2016年12月12日
    JALホノルルマラソン2016 大会結果

    12月11日にホノルルにて開催されましたJALホノルルマラソン2016に出場した、土田選手が2年ぶり10度目の優勝を果たしました。
    スタートから終始、一人でのレースとなりましたが、自分のペースを最後までしっかりと守り、1時間50分42秒のタイムでゴールしました。
    ご声援をありがとうございました。

    試合結果詳細:JALホノルルマラソン2016

最新情報

お問い合わせについて

選手への応援メッセージお待ちしています!