八千代工業陸上部
  • チームプロフィール
  • 選手・スタッフ紹介
  • 大会スケジュール
  • 試合結果
  • ギャラリー

トピックス

  • 2019年9月6日
    新入部員加入のお知らせ

    2019年9月1日に丸山竜也選手が、入社および入部いたしました。

    ■名前:丸山 竜也(マルヤマ タツヤ)
    ■生年月日:1994年7月29日(25歳)
    ■出身地:千葉県
    ■記録:5000m 13分58秒20
    ■記録:10000m 28分32秒03

    皆様からのあたたかいご声援よろしくお願い申し上げます。

    応援メッセージもお待ちしております。
    ■E-mail:[email protected]

  • 2019年7月3日
    【大会結果】ASTCアジアパラトライアスロン選手権(2019/キョンジュ)、ITU世界パラトライアスロンシリーズ(2019/モントリオール)

    2019年6月22日(土)韓国でASTCアジアパラトライアスロン選手権(2019/キョンジュ)が開催され、女子PTWCクラスで優勝しました。また、翌週の2019年6月28日(金)カナダで開催されたITU世界パラトライアスロンシリーズ(2019/モントリオール)では、同クラス2位に入賞しました。土田選手は5月の横浜大会以降、右肩の故障に悩まされ、予定していたトレーニングを積むことができませんでしたが、なんとかレースに出場できるまで回復しキョンジュ大会への出場を果たしました。続くモントリオール大会は、東京2020へ向けたポイント対象レース初戦ということもあり、世界ランク上位の選手がほぼ顔を揃えました。実践練習が思うようにできなかった分、レース構想が立てられず手探り状態の中でのレースとなりました。序盤のスイムはトップと2分程度の差で上がり、バイクはスイムでのタイム差をキープしたまま5位で得意のランをスタートしました。残り3km地点までに2人を抜き3位に浮上し、横浜大会優勝のJade Hall選手を最後の直線で振り切り、1位と約1分差の2位でフィニッシュしました。調子が上がらない中でも最後まで諦めず2位に入り、今後のレースに繋がる結果を残しました。

     

    ◆キョンジュ大会総合結果
    1位 土田 和歌子(JPN) 1時間14分58秒

     

    ◆モントリオール大会総合結果
    1位 Emily Tapp(AUS) 1時間07分25秒
    2位 土田 和歌子(JPN) 1時間08分26秒
    3位 Jade Hall(GBR) 1時間08分27秒

     

    ◆大会結果詳細:ITU世界パラトライアスロンシリーズ(2019/モントリオール)

  • 2019年5月22日
    【大会結果】ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会2019

    ITU世界パラトライアスロンシリーズ(2019/横浜)が5月18日(土)に開催されました。本大会PTWCクラスで3連覇を狙う土田選手は、トレーニングを強化してきたスイムではトップと約1分30秒差で泳ぎ切り、バイクに乗り換えると3位に浮上。しかし、前を走る選手を風よけに使った※と判断されてしまい、3週目にまさかの1分間停止のペナルティ、一時は6位まで後退してしまいました。その後、バイクとランで必死に追走するものの、4位でフィニッシュし悔しい結果となりました。東京オリンピック・パラリンピックの正式種目となったパラトライアスロン出場権獲得に向けて、引き続き土田選手への応援をお願いします。
    ※ ドラフティング:前を走る選手の後ろ10m以内に入ってはいけない。入った場合は、20秒以内に追い抜くなどで出ないといけない。

     

    ◆総合結果
    1位 Jade Hall(GBR) 1時間09分01秒
    2位 Kendall Gretsch(USA) 1時間09分33秒
    3位 Lauren Parker(AUS) 1時間09分55秒
    4位 土田 和歌子(JPN) 1時間10分23秒

     

    ◆大会結果詳細:ITU世界パラトライアスロンシリーズ(2019/横浜)

最新情報

お問い合わせについて

選手への応援メッセージお待ちしています!